<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

【妊娠中期】分娩予約ができない!大学病院に転院した話。


*写真素材ぱくたそ


こんばんは(・∀・)

今日は転院した時の話を書いていきますね。

最初に通っていたのは(2回しか行ってないけど)、町の産婦人科で、産むことは可能なんですが、何か起こった時には救急車で他の病院に運ばれることになる産院。

母がそれをすごく怖がっていて(昔、歌手で救急搬送中に亡くなった方がいたんだって)、「産むのは大学病院にしてほしい」と言われたので探していたんです。

本当は自分が生まれた病院にしようと思っていたんですが、なんと2016年いっぱいで分娩を取りやめする通知文書がホームページに掲載されていました…。

仕方がないので徒歩圏内で探したんですが、そもそも分娩対応をやってる病院が少なくて、選択肢として挙げられるのは3病院ほど。

その中で、他の科に通っていたので馴染みのある大学病院に決めました。

でもここで再び問題発生。

分娩予約をしたい旨の電話をかけたら、他院でかかってる人は対応できないとのこと。

一度産婦人科にかかって、そこから分娩予約しましょうか、という流れになるそうで、急きょ健診予約を入れました。

母子手帳をもらった後の妊婦健診は平日しか対応していないようなのですが、その前段階(妊娠してるかの確認など)は土曜日も対応可能だそうです。

私の場合は初回のみ土曜日の予約が取れたこともあり、17週2日(17w2d)で、夫にも一緒に行ってもらいました。

私の通っている大学病院は、ネットで調べても利用者の情報がほとんど出てこなくて(出てきても古かったり)、通うのがすごく不安だったので、出産後、実名を出そうと思っています。

夫を連れて診察室に入れなかったとか、エコーが毎回じゃないとか、先生の対応が悪いとか、いろいろ書かれてましたが、(情報が古いとはいえ)実際に通ってみたら全然違ったので、今後通う人の参考になれば嬉しいです。

ただ大学病院なので、待ち時間が多少長くなるのは仕方ないのかなーと思います。

初めて行った時、お腹が空きすぎてお腹の音が待合室に響き渡るほどでした。(ほんとに)

実際の診察は、夫も立ち会うことができて問診と腹部エコー。

夫にもちゃんと見えたみたいで、「動いてたね!」って感動してました。よかった。

エコーの写真もちゃんともらえましたよ。

不安でいっぱいだった大学病院ですが、想像よりきちんと対応してもらえたので安心しました。

病院内でマタニティクラスも開催されていたので、それについてもまた改めて書きたいと思います。

ちなみに転院後、それまで通っていた産婦人科には特に連絡は入れませんでした。(元々予約不可の病院だったので)

それではまた。

▼その他の妊娠話はこちらから
カテゴリー「妊娠・出産の話

COMMENT








   

ABOUT ME

平成2年生まれ(1990年)、東京在住。
大学の同級生と結婚し、現在妊娠中です。
趣味:写真、読書、家計管理
ディズニー大好き。年間パスを持っています。
Twitter:@yuisakurano

広告

ランキング

クリックお願いします(^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

結乃の本棚

CATEGORIES

SELECTED ENTRIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

  • ブログ記事が消えました。
    kenbox
  • ブログ記事が消えました。
    あゆみ
  • 産休前の引継書の作り方。
    kenbox
  • やってみます宣言。
    結乃
  • やってみます宣言。
    やよ

LINKS

SEARCH THIS SITE

OTHERS

MOBILE

qrcode